検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EGFR上皮成長因子受容体(EG...

2010.10.07
BRAFガン遺伝子はras遺伝子を活性化することで、細胞増殖を促進します。
大腸ガン、甲状腺乳頭ガン、非CSD黒色腫などの腫傷において変異が検出されます。
EGFR上皮成長因子受容体(EGFR)に遺伝子増幅や変異、構造変化が起こると、発ガン、ガンの増殖、転移などに関与します。
EGFRの過剰な発現は、腎ガン、非小細胞肺ガン、前立腺ガン、胃ガン、大腸ガンなど、さまざまな悪性腫傷で見られます。
ガン抑制遺伝子は、ガン遺伝子とは逆に、細胞がガン化することを抑えます。
遺伝子はしょっちゅう小さな傷を負っていますが、すぐにそれを治す遺伝子です。
異常な細胞分裂をはじめないように、細胞周期のG期でコントロールしたり、異常な細胞や不要になった細胞をアポトーシスに導いたりする役割を担う遺伝子です。
このような、いわば「守りの遺伝子」、ブレーキの役目をする遺伝子を抑制遺伝子といいます。
ガン抑制遺伝子、p53は細胞増殖抑制やアポトーシスを誘導する機能を持ち、ヒトにおいて最も重要なガン抑制遺伝子です。
ガンの発生予防において重要な役割を果たしているため、「ガンに対する遺伝子の番人」とも呼ばれています。
したがって、細胞の突然変異によってp53の機能が消失すると、その細胞は腫傷細胞になりやすくなります。
結腸ガン、胃ガン、肺ガン、豚臓ガン、卵巣ガン、甲状腺ガン、乳ガンなど多くのガンや、その前のガン病変の時点で検出されます。


看護師 求人 福岡
看護師 派遣会社
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。